キャバクラにハマって気がつけば借金生活

ハマってしまいましたキャバクラ。元々は居酒屋しか飲みに行かないタイプの人間だった私ですが、30代前半で転職した先の社長が飲み好きで、よくバーに行くようになりました。そこまでならまだよかったのですが、ある日、お客さんを接待することになり、行きつけのバーでバーテンに聞いてみると「キャバクラってどうですか?」ということでお勧めしてもらったのが始まりです。

その日はお客さんと盛り上がってかなり楽しかったとの思いが残りました。それでやめておけば良かったのですが、どうしても再び会いたくなったのです、接客してくれた彼女に。接待の時は経費で処理出来ていたのですが、個人で行くとなるともちろん自腹です。最初は接待で入れたボトルがなくなるまで、そう決めて通いました。もちろん彼女を指名で。

通えば通うほどハマっていく自分を感じながらも辞められない、週末だけだったのが週二回になり、お店のイベントがあると顔を出し、誘われれば同伴もするようになりました。店にも顔が利くようになったある日、その子は店を突然辞めてしまいました。

正直なところ、給料もほとんど使い込み、貯金を切り崩しつつあった状態だったので少しほっとして、これで店に行かなくても大丈夫なんだ、そんな変な安心感もありました。ところが、週末キャバクラに行かないと時間をもて余すのです。

もうスッカリ夜はキャバクラ生活になっていた私は、あろうことか別のお店に入ってしまいました。そこは前の店より高級店で、嬢のレベルも接客レベルも高いのです。有頂天の私は、再び通いつめてしまいました。気がつくとカードローンの請求書が届くようになったのです。給料ももちろん足りず、コツコツ貯めていた貯金を使い果たし、カードローンで店に行くお金と生活費を補填していました。もちろん回るはずもありません、その額50万円。その程度でよく正気に戻れたな、と振り返ればそう思います。それからは夜は全く外出することなく、かなり切り詰めることで何とか返済出来ました。もう二度とあんなことはしません。
ちなみにですが、私の友人はカードローンの返済ができないレベルまで落とし込まれていきました。

債務整理を迎えるとどのような結果になるのか?についてはこの記事がおすすめですね。

債務整理後はどうなる?

あくまでも債務整理は最期の利用手段として考える方が良い。なぜならデメリットが当然のようにつきまとうからだ。
特に家族がいる方へ、若い方ならやり直せる基準として自分で線引きをした方が良いと思いますね。

お金って凄く無限大の価値があるけど、それと同時に一瞬で人生をどん底で突き落とす怖い側面もある。
学校ではお金という概念を知る事もなく、社会人になって自分で稼いでいきながら生活をして感じ取るしかないと思っている。
どちらにせよ私は若い高校生ぐらいからバイトの体験談とか、他にもお金の使い方や怖さなどの勉強項目があっても良いと思う。

債務整理はプロに任せるが一番だなと改めて感じる良質な記事ですなー。

債務整理をした話と収入をあげる内容をね

私には昔は人に言えないぐらいの借金がありました。幸いにも弁護士に相談をすることでなんとか情報が守ってくれたんですが、
世の中には味方になる情報や知識が沢山あると思います。一つは債務整理でも同じことが言えると思いますね。

働いている人の場合は基礎的な収入を上げる事です。手取りの月収を伸ばしていくために仕事のスキルを上げる努力を行ったり、上司などの人間関係を日々良くなるように意識をしたり、仕事での成績をコンスタントに出していく事で収入が多くなって、1ヶ月当たりの基礎的な収入を増やしていく事でお金持ちになりやすいです。

就職をする時は将来性がある大手の会社に就職して、周りから認められながら早期に役職などに就けるように仕事の成果を出していく努力が必要です。

仕事で成果を出して、きちんと節約をしてもお金持ちにならない事を判断した場合には、自分のスキルの高さを信じて高給が期待できる会社に転職することが望ましいです。月給のうち固定給は20万円から30万円程度で良いが、実力で歩合給が大きくなる会社に転職をする事で、基礎的な収入が大幅にアップして、月当たりの使えるお金が多くなります。仕事を工夫しながら遂行して、誰も見ていないところでスキルアップのための勉強をします。収入を上げるための自己啓発をするなどの方法で、他の人に真似できない仕事のやり方で収入をアップして、自分の努力でお金持ちを目指していく方法がお金持ちになるための近道です。

頑張って努力しても収入が上昇しないでお金持ちになれない場合は、自分で独立して仕事を開業したり、スキルアップに繋がる副業をします。最近はフランチャイズのシステムを利用して開業をする人が多くなって、事業が成功することによって年商に換算すると1億円以上の企業に成長出来た事例もあります。

お金があるならば自分のお金と銀行などから借りたお金を使ってお店を建てて、1日の売上を10万円以上に設定するなどの目標を持って、店主として成功するための経営のノウハウを身に付けます。自分で開業をした場合、毎日営業を行ったならば1日の売上が10万円ならば1ヶ月で300万円のお金が手に入りますので、お店の運営に掛けた経費を極力削減すれば、独立した人として自然的にお金持ちになります。
働いている人がお金持ちになるためには、営業の成績に関して常にトップをキープしたり、夜間の副業として時給の高いアルバイトを行う事も1つの方法です。夜間のアルバイトを選ぶ場合、コンビニやスーパーマーケットなどの有り触れている仕事では、月収が少なくなる事でお金持ちの目的で副業を行う事に向いていないです。バーやスナックなどの飲食店で働いて、高い時給を取得できるような店舗を選んで、副業の基礎的な収入を上げる努力を行います。

正社員として仕事を行う以外は、基本的にフリーである時間を有意義に使う事もお金持ちになる要素と言えます。最近はインターネットなどで好きな時間に仕事ができるサイトが多く出ていて、本業が終わってからシステム構築などの専門的な仕事を自宅で副業として行っている人も多く見かけます。本業でシステム構築などの専門的な仕事の経験があれば、経験を生かして

クライアントから10万円以上の仕事として引き受ける事も可能です。記事を作成するウェブライターが最近になって人気になっていますが、様々な知識を持っていて、タイピングや記事作成の早い人であれば一般的なサラリーマン並みの報酬を稼ぐ事も可能です。ウェブライターは単価の制度で報酬を与えていて、記事の質が良好なほど単価が上がっていって、多くの収入を得る事でお金持ちになれる可能性があります。
仕事を最初に行う時は何事にも慣れていなくて、効率よく業務をこなせなくて収入をあまり得られない傾向ですが、工夫を凝らしたり、クライアントの要望や要求に素早く応える能力があれば、1日当たりの日給が上がっていって、凄腕の人は月収で100万円を超える事もあります。最近はアフィリエイトで副収入を得ている人もいますが、どうしたら稼げてお金持ちになるのかを様々な媒体で調べて、皆に驚かせるように仕事を請け負う事で、収入は自然的に上昇します。

日々の生活に関しては、出来るだけ無駄なお金を使用しないという意識を持つ事が大事です。将来的に見返りのある仕事に使用する道具にお金を使用したり、定期預金などを利用して金利の利率でお金を地道に増やして行く事を心掛けます。1ヶ月毎に貯金の額の目標を決めて、食費などの変動費を極力抑える事はお金持ちになる基本的な条件です。
お金持ちになりたい為にお金を使うならば将来的に見返りのある事を意識して使う事が大事で、例えば資格を取得するために自己への投資を行う事も大事です。

遊興費などの見返りが無いと分かっている費用にお金を使用しない事は当たり前なので、生活に必要最低限としてお金を使う事を意識します。お金を貯めようと思ってから1年後に想定している貯金額を設定して、体に無理の無い副業を行ったり、スキルアップを目指していく事が基本的なお金持ちの方法です。自分の付加価値を上げたり、他の人よりも何十倍という収入を上げていく努力を行う事が大事です。